機能概要 1 > 機能概要 2 > 機能概要 3

 2D、3Dの一貫した鍛造解析

20年以上に渡る金属成形シミュレーションの開発経験を持つ専門家チームが、最も高度なプログラミング技術を使用し、統合化された2D及び3Dのコードに、革新的で非常に有効な数値アルゴリズムを開発しました。

 冷間・温間・熱間成形 −熱力学連成解析−

材料フローの問題は、ツール及び設備機器の中であっても、変形に伴う材料の内部発熱を含みながら、熱および力学ソリューションを連成することが出来ます。 連成シミュレーションにおいて、ダイはアセンブリーされ、プリストレスを掛けることによって、荷重による好ましい応力分布を提供します。 変形したワークピース内のいくつかのピースは、異なる力学特性や熱特性を伴う、異なる材料を含んでいる可能性があります。そのワークピースの材料モデルが熱及び弾性変形部品を含んでいれば、完成品の残留応力分布を提供します。

 ●熱弾塑性で熱力学連成されたツール変形ボディ内での
  熱・粘・塑性と熱・粘・弾塑性大変形シミュレーションをサポート
 ●ソルバーは陽解法と陰解法を採用
 ●独自の「Dual Mesh Method(二重メッシング法)」採用
  −増分法によるリングローリング解析等に最適

 優れたシミュレーション精度


ブローハンマー鍛造による舶用エンジンクランクシャフトにおける実際のクランクシャフト(左下)とシミュレーション結果(右下)で、ブローエンドにおけるフラッシュ形状が非常に一致していることが分かります。

 


正確に予測された最終的なフラッシュ板厚とフラッシュ幅


   鋼のフランジ熱間鍛造における繊維予測
  

 材料及び潤滑剤の総合データベース

材料特性標準データベースを内蔵。
1000個以上の鋼鉄の他、同合金、アルミニウム合金、チタン合金、ニッケル合金、その他に関するフロー応力等を含んでいます。

   

 機械設備の情報装備

QFORMは、危険荷重予測、必要なブロー数、エネルギー及び要求荷重、プレスの安全使用のための最適なプロセスパラメータ等のシミュレーションに必要な機械設備のそれぞれの情報を提供します。

 STEPとIGESファイルによる正確なデータ転送

  コネクティングロッドの鍛造CADモデル

        インポート後のダイとビレット