基本設計 > アプリケーション

 開閉断面設計

●フラワー設計
●オープン又はクローズなプロフィール
●パラメトリック設計
●1ステーションおき、またはエンドのプロフィール、その両方にビーズと”つめ”の定義
●CADで設計後、COPRARデータベースに格納
●テーブル定義−完全なパラメータ展開
●テーブルとCAD形状の相互関連性

 

 波型・台形断面設計

【ロールクローニング】
●多くのロールセットにおいて複数の類似ロールが存在します。ワークフロー短縮のためにロールを複製することが出来ます。
●複製ロールは、どんな位置にも修正することが出来ます。それは元ロールではなく、複製ロールに基づいて行われます。
●複製ロールはナンバリングとデータベースシステムにおいても考慮されます。
●相互参照リストオプション

 変形チューブ設計


円管から特殊形状まで、幅広く校正パスを計算することができます。 リングの描画によるチューブ成形と、変形チューブの校正は、どちらも円管から始まります。又、個々の校正ステップは、次のロール設計の基礎としてコンピューター上で計算され、最適化されます。

    

 ロール設計


●適応するオブジェクト、AutoCAD機能に基づいたフリースタイルの“ロール設計”
●フリーの解放ロール設計
 (カットリストや、材料リスト、NC変換データ、自動描画、FEシミュレーションのような、後続の全プロセスに自動的に関連性を持ちます)

 

 CNCプログラム作成


ISO形式、DXF、完全CNCコードで最終ロールコンターのNCデータを作成。

 

 チューブロール設計

●チューブミルロールセットの迅速かつ有効な設計(溶接ライン用)
●登録済みの多様な成形方法(タイプ)のパラメータ定義 −ロールのパラメトリック設計 ⇒ フラワー完成
●総合的かつ容易に変更可能なマシンデータベース
●COPRAR RFソフトウェアに完全統合されているため、COPRAR FEA RFまでの全ての後続モジュールが連続で繋がります。

 

 線形ケージ設計

ストレート成形方法によって、ケージ成形加工システムは、単一の簡易ロールのグループ(ビーム)、および外部/内部ロールの追加サポートからなる連続成形工程です。COPRA RF のパラメータ構造によって、多様なタイプのストレートエッジモデル成形加工法でのモデリングが可能になります。線形ビームはどちらも定義されているか、(単一のマウントされたロールがある場合は)各ロールと個々の位置は特殊データベーステーブルで定義されます。

 ワイヤーロール設計

●経験に基づくロール工程のインタラクティブモデリング: 設計者は進行ステップを取り出し、COPRA WRの支援によって
 要求されるパーセンテージにその領域の断面を入れる事ができます。
●スタートとエンドの横断面指定による成形ステップの自動レイアウト。
 ここでは変形角度の指定と、横断面の縮小予測が可能です。
●有限要素解析による設計の検証。成形はローラーのジオメトリとスタートの横断面に基づいて計算されます。
 期待される実際の形状は、個々のステップや測定された材料の変更で確認することができます。

 ・CADによる最終の横断面定義
 ・最終内径の構成
 ・スタート内径の定義
 ・成形ステップのインタラクティブな決定
 ・成形ステップの自動計算
 ・横断面の回転
 ・ロールの自動生成
 ・ロールデータのエクスポート

 

 矯正器設計−付属ツール・引抜きダイ

●引抜きリング、又は引抜きダイアプリケーション
●例えば、極端に薄い板厚の材料や、特殊なアプリケーション



 ロールライフサイクル管理 - RLM


●全ツールセットをデータベースへ収納
●既存ロールの検索ツールは容易に検索条件を定義でき、設計予定ロールの検索時に使用できます。
●欠陥ロールを調査したり、リリースして再利用できる、社内ロール在庫
●ロールの磨耗をモニター