変形テクノロジーモジュール(DTM)

このモジュールは、縦方向の(弾性および塑性)歪みを、高精度で速やかに、確実に計算します。それは、材料特性、板厚、ロール直径、ロールタイプ等のようなロール成形工程に重要なパラメータを考慮します。COPRA RF によって生成されたジオメトリによって、設計技師はロール設計を最適化することが出来ます。また、設計の実現可能性および潜在的欠点に関する自動フィードバックが得られます。シミュレーションツールは、その名の通りハードウェアに全く触れることなく重要な現象を表示することが出来ます。COPRA DTMは科学的に開発されており、何千ものケースで、その実用性が証明されました。

 ロール成形工程シミュレーション(非線形3D有限要素法解析)



COPRA FEA RFパッケージソフトウェアによって、dataMはロールフォーミング産業のニーズに適合する、非常に効率的なパッケージソフトを提供し続けています。プログラムは、COPRA RFから直接データをインポートし、それはプリプロセッサとして有限要素解析テクノロジーに使用されます。COPRA DTMシミュレーション結果に加えて、COPRA FEA RFは、力、トルク、応力、および後の欠陥の可能性を示す最終製品の3D表示に関する非常に重要な情報を提供します。このモジュールは、ユーザが実際の製造工程前であっても新しいロールセットを試すことが出来る「仮想ロールフォーミングミル」として活用できます。
COPRA FEA RFは使いやすく、標準の最新PC上で実行出来ます。それは手間の掛かるプリ処理や、困難なポスト処理を一切必要としません。それは、dataMの全ての製品がそうであるように、ロール成形者のニーズに適合します。

ロールフォーミング工程のシミュレーション

 ロール設計データから解析モデルを自動生成
        

●MSC.MARCをロール成形用に最適化
●COPRA FEA RFプロジェクト管理で異なるシミュレーションを
 快適に管理
●既存のCOPRA RF 設計データから、FEモデルを自動生成
●特定の境界条件から個々のロール成形を自動定義
●成形力と成形工程の計算
 (軸直径、必要モーター力などのマシン定義を支援します)
●解析のためのツール/シミュレーション結果の分析
 (結果分析のためにユーザがFEA専門家である必要はありません)
●ユーザ定義の位置に、解析された横断面を表示
 これらは、現在の横断面偏差(くびれ、スプリングバック、広が
 り)を確認するために、設計横断面と比較することが出来ます。
●ロール成形挙動のダイナミックアニメーション
●実際の成形長さと同様に、最大/永久縦歪み値の解析
 ミルでカットオフ後の材料挙動調査。
 これによって、最終の形状(たわみ、ねじれ、フレア等)の
 凍結内部応力と個々の影響を可視化することが出来ます。
●不良なフラワー又はロール設計による欠陥を表示
●成形長さ、縦又は横の歪み値のグラフ表示
●(加工硬化のような)材料変化や、板厚変化、スプリングバック、
 非対称挙動、材料損傷(FLD)の調査のためのグラフ
●特定のステーションからのリスタート解析
●半自動レポート作成
●予めパンチされた材料の解析:
●パンチ穴と周辺材料の変形調査(横断面の剛性の影響 等)

溶接−チューブ及び対称(非対称)閉プロフィール

●円管/クローズ断面の編集
●対称(非対称)形状周り
●形状から形状へ
●溶接のV角度
●溶接品質(例:実際の溶接追加の調査)等


ケージ成形

●スムーズ成形の調査と定義
●横断面の制御
●力分布の均一化
●最良なダウンヒル成形の定義 等



引抜きダイ

●エア曲げのサポート
●ツール定義のコスト削減 等



駆動/非駆動ロールの相互作用とそれらによる成形工程と形状品質への影響

●稼動直径の調査
●摩擦力と摩擦損失
●材料の引張力
●サーフェス損傷の明確な表示
●要求されるモーターパワーの明確な調査 等



熱−力学連成溶接解析 *

●熱-力学連成解析
●溶接エリアでのアダプティブメッシング
●溶接基準
●材料相変移
●レーザー熱入力のジオメトリと位置
●レーザー力/HF溶接設備 等


アドバンス リスタート

●本機能により、解析時間を大幅に短縮する事ができます。
●解析実行の途中で、メッシュリファイン解析をリスタートする事ができます。
●シミュレーション結果の質を著しく改善する事ができます。
 <例>ラウンドからの成形
   溶接後に部分的にメッシュリファインして、チューブシミュレーションをリスタートする事によって、以降の
   ラウンド成形用の補正パスのシミュレーションを容易に実行する事ができます。



 3Dロールフォーミング *

dataMは、新しい”フレキシブルロールフォーミング”分野で、広範な研究開発を行っています。

 ●複数の特許と、審理中の出願があります。
 ●ヨーロッパ研究プロジェクトへ参加しています。
 ●複数の産業プロトタイプラインが実現しました。



 高速化

複雑なロール成形工程を解析している場合は、計算時間はとても長くなります。解析時間削減のために、ユーザーは複数のプロセッサに同時に計算を分配することができます。









   * 研究開発中の機能: 既に試験的にパイロットプログラムが提供されています。