鋳造シミュレーションのメリット


今日の急激なグローバル競争と、要求される低価格のプレッシャーの為に、鋳造メーカーは厳しい出荷スケジュールの下、精密で付加価値の高い部品の 製造を要求され、その要求は益々増大しています。
要求された重要なコストと過度に短縮された開発期間の下で、「試行錯誤」の経験と勘に頼る従来技術は、複雑な部品生産にはもはや許容されません。
このような激しい競争環境の下で、より高品質で、より大きな付加価値ある部品を開発する能力をいかにして増大させる事ができるでしょうか?
コンピュータシミュレーションのみが、実モデルが作成される前に解析するデジタルモデルを定義する事によって、設計プロセスの僅かな時間で、試作金型 製造コストと無駄な廃棄部品を避ける事によるコスト削減を、会社にもたらすことが出来ます。


熱力学連成・鋳造プロセスシミュレーション  Vulcan


 Vulcanは、鋳型プロセスの溶融金属の流動、冷却、凝固、および凝固に伴う力学挙動を完全連成解析する専用のシミュレーションソフトウェアです。
鋳造エンジニアはVulcanを使用することによって、プロトタイプ試作前に湯流に伴う欠陥や凝固時の引け巣、凝固に伴う変形、応力変化、残留応力を完全連成解析することができます。それによって鋳造方案の最適化が可能となり、鋳造現場での工数や費用削減、品質向上につながります。



Vulcanのユーザインターフェースは段階的プロセスとして開発されており、未経験ユーザのために多くのデフォルトプロセスパラメータが備わっています。このソフトウェアの使用に精通すれば、メニューによってはより詳細なシミュレーション定義ができます。これによりフレキシビリティが増し、コントロール性も高まります。
Vulcanシステムは2つのソフトウェアシミュレーションモデルを含んでいます。 1つは鋳型充填のためのCFD(計算流体力学)、もう1つは凝固化と冷却解析のためのCTM(結合熱機械的特性)です。

Vulcanを使用すれば、最低限の情報入力で結果を解析することができ、様々な典型的プロセスを簡単にシミュレーションすることができます。







開発元 西Quantech ATZ社 について

1996年、西欧最大の数値解析研究機関、C.I.M.N.E. (The International Centre for Numerical Methods in Engineering)から独立した研究者や技術者により設立さ れた、エンジニアリングシミュレーションの研究開発会社です。同社はバルセロナ市 に本社を置き、C.I.M.N.E の著名な(故)O.C.Zienkiewicz博士の後継者らとの一貫した共同開発体制により、特に操作性と、コストパフォーマンスを追求しながら、次世代の先端の研究開発を、継続的に行っております。



(故)
O.C.Zienkiewicz
博士



お問合せ先

製品に関するご質問、価格、デモの依頼などございましたら、下記連絡先までお問合せください。

【代表】03-3815-6335
Email: info@ada.co.jp

・Web問合せフォーム