機能概要 1 > 機能概要 2 > 機能概要 3

 日本語ユーザインターフェース

メニュー、データフォーム、ワーニングやエラーメッセージ等の日本語ユーザインターフェースの開発により、プレス金型設計生産技術者に、容易に日常的に使用出来るシミュレーションツールになりました。

 多段成形

この機能によって、連続(多段階)または同時オペレーションを定義できます(例:深絞り、切断、フランジ加工)。さらに以下のことが可能です。
・1工程に対し複数のパンチや複数のブランクを定義する。
・任意の方向にパンチを動かす。
・絞り、切断、フランジ、スプリングバック等の成形加工の工程順序を自由に指定する。

 ブランクホルダー圧力

バインダー作用の均一性を決定するために、板に作用するバインダー圧力のコンタープロットを出すことができます。このバインダー圧力は、パンチストロークに応じて、可変定義や不等分布定義を行うことができます。

 メッシュリファイン

ブランク材は、解析初期段階や自重解析時は粗いメッシュ分割で、スタンピングステージでダイとパンチが接触判定を必要とする時点では、自動的なメッシュリファインにより詳細メッシュ分割で解析処理する事により、高速解析を実現します。

 切断(トリム)

切断機能では、次のような切断オペレーションを定義できます。
 ・板の応力または歪みを緩和するためのレリーフ切断
 ・任意の形状を切断するための穴
 ・板のエッジを除去するためのトリミング

また、厚肉材のソリッドモデル成形に、3Dトリムを利用できます。


 テーラードブランクとパッチワークブランク

成形用の板は、テーラードブランク(異なる厚さ・材料を持つ2つ以上の板が溶接されてできた板)、またはパッチワークブランク(上部または下部サーフェスに、より小さな板が溶接されている板)とすることが可能です。 テーラードブランクとパッチワークブランクの定義は、板(ブランク)定義ステージで行われます。このとき板ジオメトリの異なる部分を、異なる材料特性と厚さで定義することが可能です。 このようなタイプのシミュレーションを実行する場合、実際の板厚を使用すると良いでしょう。これによって、ツールと板の接触精度がより高くなるからです。

 可動ツール(パンチ)のモーション化

パンチモーションの制御機能により、最新のサーボモータ・モーション駆動特性の
数値化による、プレス成形への影響を正確にモデル化する事ができます。

 ソリッドモデルの厚肉成形


板表面と裏面の成形形状の差が大きい場合や、しごきをともなう成形加工の場合、薄板シェル要素では正しい結果が得られなくなります。その場合は、ソリッド要素を用いて、より精密に解析することができます。

解析と試作結果の比較(表面)

アイロニング(厚板しごき)加工の例

      解析結果            試作結果

解析と試作結果の比較(裏面)

       解析結果            試作結果

 ワンステップ解析

・簡単で迅速なワンステップ(逆解析)計算
・製品成型性の迅速な概要評価(ダイフェース作成不要)
・製品形状から初期シート展開形状の自動作成
・ブランク材料取りの見積支援(ブランク形状のIGES出力)
・摩擦、ブランクフォルダー力、ドロービー度、圧力板領域指定等の
 拡張機能サポート
・OneStepのみの単独使用も可能 ⇒詳細ページ

 材料データベース

Stampackには、FLC曲線(Forming Limit Curves)を含む、標準的な板材料(鋼鉄とアルミニウム等)のデータベースが備わっています。これにユーザ独自の材料を保存すれば、データベースを強化することができ、将来的な使用が可能となります。

 結果評価

板のフォーマビリティは板変形のインジケーター(表示器)を備えており、最終の変形ブランクにおけるタイトシート、平面歪み、ルーズシート、しわ傾向などの成形域を表示します。一方、板の成形限界は起こりうる欠陥のインジケーターを備えており、安全域、しわ傾向、危険域または割れ等を表示します。