ユーザ会/イベント

HOME > ユーザ会/イベント > ユーザコンファレンス
過去の開催レポートはこちら⇒


第20回ADAユーザコンファレンス2019
   −進化するグローバルモノづくりCAE Ⅲ− 


 薫風の候、皆々様におかれましては益々ご清栄のこととお慶び申し上げます。
本年も、ADAユーザ会とアプライドデザイン株式会社主催のADAユーザコンファレンスを開催する運びとなりました。 当コンファレンスにおきましては、国内外の著名な開発責任者による特別招待講演、並びに国内ユーザ様の事例講演を予定しており、CAEを活用した設計・開発・製造について、充実した情報交換を期待できることと思われます。
本年も、ますます本格的にグローバル化する経済環境の中、製造業の継続的な生き残りを達成する為のキーテクノロジーとなりつつある”CAE”を如何に有効活用すべきかを理解する上で参考となるよう、昨年に続き「進化するグローバルモノづくりCAE Ⅲ」をテーマに開催いたします。
本年は、このグローバル化の中でご活躍されている下記の方々に貴重な特別基調講演を実施いただきます。

●精密鍛造工法開発におけるシミュレーションの活用
 岐阜大学 副学長 兼
 工学部 機械システム工学科 教授 兼
 鍛造分科会 運営委員
 王 志剛 博士

●リングローリングに関する研究動向と将来展望
 大阪大学 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 教授 兼
 同大学 工学研究科附属構造・機能先進材料デザイン教育研究センター副センター長 兼
 同大学 科学機器リノベーション・工作支援センター副センター長
 宇都宮 裕 博士

例年通り、コンファレンス終了後には「海外招待講演者を囲む技術交流会(立食パーティー形式)」も予定しておりますので、この機会にユーザ 様同士、また弊社との親睦をより一層深めて頂ければ幸いです。

皆様のご参加を心よりお待ち申し上げております。

ADAユーザ会事務局
アプライドデザイン株式会社
代表取締役  三宅 昌昭

注目の講演


特別基調講演
「精密鍛造工法開発における
 シミュレーションの活用」

岐阜大学 副学長 
王 志剛 博士

特別基調講演
「リングローリングに関する
 研究動向と将来展望」

大阪大学 工学研究科 マテリアル生産科学専攻 教授
 宇都宮 裕 博士

特別海外招待講演
「3Dロールフォーミング先端技術の
 開発と最前線(仮題)」

dataM Sheet Metal Solutions社
社長
Albert Sedlmaier 氏

特別海外招待講演
「進化するQFORM 9 及び
 QFORM RingRolling(仮題)」

QuantorForm社
ファウンダー 兼 副社長 欧州担当
Nikolay Biba 博士


お問合せ先

参加していただくには、お申込・ご登録が必要となります。ご質問等ございましたら、下記よりお問合せください。

お問合せフォーム