ユーザ会/イベント

HOME > ユーザ会/イベント > ユーザコンファレンス


第1回 P法・HP法有限要素法国際学会 (2000)

  P法有限要素法の創始者の一人であるSzabo博士の65歳の誕生日を記念し、 2000年5月末から3日間、米国セントルイスにてp-FEM2000が開催されました。 この会議は、数学者とエンジニアのインタラクティブな交流を目的に計画され、生産サイドと研究サイドの両方から、その分野の世界的エキスパートたちが発表 を行いました。また各講演の合間を縫って、様々なミニシンポジウムが開かれました。スポンサーには、米国空軍や米国陸軍研究局などが名を連ねています。 ADAからは代表として三宅が出席いたしました。

概要:

日時 2000年5月31日 - 6月2日
場所 ワシントン大学(アメリカ合衆国ミズーリ州セントルイス) 
委員長
Manil Suri University ofMaryland Baltimore County, USA
Zohar Yosibash
Ben-GurionUniversity of the Negev, Israel
学術委員
Mark Ainsworth StrathclydeUniversity, Glasgow, Scotland, UK
Ivo Babuska
University of Texasat Austin, USA
Ted Belytschko
NorthwesternUniversity, USA
LeszekDemkowicz
University of Texasat Austin, USA
Steve Engelstad
Lockheed MartinAero. Systems, USA
David Gottlieb
Brown University, USA
Benqi Guo
University ofManitoba, Canada
Joseph Flaherty
RensselaerPolytechnic Institute, USA
Istvan Paczelt
Miskolc University,Hungary
Alberto Peano
ISMES, Italy
Alan de Pennington
Leeds University, UK
Ernst Rank
TechnischeUniviversitat Munchen, Germany
Christoph Schwab
ETH Zurich,Switzerland
Rolf Stenberg
Tampere Universityof Technology, Finland
Ernst Stephan
Hannover University,Germany
Wolfgang Wendland
StuttgardUniversity, Germany
Olof Widlund
New-York University,USA
運営委員
Ricardo Actis ESRD Inc., St.Louis, USA
I.Norman Katz
Washington Univ. St.Louis, USA
David Peters
Washington Univ. St.Louis, USA
Erwin Y. Rodin
Washington Univ. St.Louis, USA
後援 - AirForce Office of Scientific Research
- Air Force Systems Command
- USAF
- US Army Research Office
- Mechanical Eng. and System Science and Math. Depts. at Washington University

本講演:

1.「HP-FEM - その誕生から完成など」
I.Babuska, TICAM, The University ofTexas at Austin, USA.
2.「材料モデリングにおけるHP有限要素法の使用」
J.Tinsley Oden, TICAM, The University ofTexas at Austin, USA.
3.「2pがY2Kに十分でないわけ、その他」
Saeed Paydarfar, Advanced EnterpriseSolutions, Santa Ana, USA.
4.「プレートとシェルのマルチスケール高次FEM」
Christoph Schwab
, SAM, ETH Zuerich, Switzerland.
5.「FEMにおける非連続性とメッシュフリー法とレベルセット」
Ted Belytschko, Northwestern University,USA.
6.「攪流シミュレーションのための非構造スペクトラルHP要素」
George Karniadakis, Brown University,USA.
7.「Szabo教授によって切り開かれたP-テクノロジーの企業的インパクトを振り返る」
Michael J.Wheeler
, USA.
8.「使用年数を経た航空機における3次元マルチサイト疲労クラックの、HP-FEMによる静的解析」
Borje Andersson, Aeronautical Research Instit. of Sweden, Sweden.
9.「P法・HP法FEMの30年 - 歴史概説」
Berqi Guo, University of Manitoba,Canada.

ミニシンポジウムのトピックス:
*( ) 内はオーガナイザー

1.帰納的な誤差推定とアダプティブ性
(Dr.Mark Ainsworth)
2.実践的なP法の装備と活用、その現在と未来
(Dr.Ricardo Actis)
3.P・HP混合有限要素法
(Dr.Edgar Bertoti)
4.計算電磁気学と応用のための高次法
(Dr.Wei Cai)
5.平行アダプティブ計算
(Dr.Joseph Flaherty)
6.全体的なセッション
7.機械・構造エンジニアリングのためのP-FEM
(Dr.Ernst Rank)
8.P法・HP法の数学的解析に見られる新しい進歩
(Dr.Christoph Schwab)
9.スペクトラルP法とその応用
(Dr.Jie Shen)
10.P-BEM と HP-BEM
(Dr.Ernst Stephan)
11.特異性の扱い
(Dr.Zohar Yosibash)

参加者全員による懇親会の模様:

上左 上中 上右 上右
上左 上中 上右 上右