ユーザ会/イベント

HOME > ユーザ会/イベント > ADAアドバンスCAEセミナー in 名古屋
過去の開催レポートはこちら⇒





  ADAアドバンスCAEセミナー in 名古屋
        『塑性加工CAEで次に考慮するポイントは?』



 2011年11月11日に開催いたしました、第3回DA名古屋アドバンスCAEセミナー『塑性加工CAEで次に考慮するポイントは?』 におきましては、ご多忙の中ご参加頂き、誠に有り難うございました。
当セミナーは、本格的にグローバル化が進展する経済環境の中で、未来を視野に入れた『塑性加工CAE』について、次の一歩を提案する充実した情報交換の場となるべく開催させて頂きました。
 今回は、海外開発責任者による新バージョン紹介と事例講演に加え、国内外の著名な研究の第一人者の講演者を招待し、貴重な招待基調講演を賜りました。

●欧州数値解析センターCIMNE PFEM主席研究員 Carlos Cante 博士
  「『新世代粒子有限要素法"PFEM”とは?』 −粒子法と有限要素法のハイブリッドの利点−(仮題)」
●広島大学工学部部長 兼 CEM研究所代表 吉田総仁 博士
  「板材成形シミュレーションのための高精度材料モデル
     −異方性降伏関数および移動硬化則(Yoshida-Uemori model)−」

 当セミナー講演に関しましては、参加者の皆様からも大変参考になったとの声を頂戴しており、誠に有難うございました。また、今後も継続的にCAEに関する新たな視点や最新情報を提供し、情報交換の場として活用して頂けるよう、皆様の声を参考にアドバンスCAEセミナーを開催して参りますので、ぜひご活用の程宜しくお願い致します。  

 概要:

日 時
 2011年11月11日(金曜日)  13:25-17:00 (受付開始 13:00)
 
会 場
 ウインクあいち(愛知県産業労働センター)
 住所: 愛知県名古屋市中村区名駅4丁目4-38
 TEL:  052-571-6131
   (⇒地図)
 
費 用  無料 (事前登録制)
参加資格
 アプライドデザイン(株)のユーザ様、またはCAEに興味のある方
 
主 催 アプライドデザイン株式会社 
協 賛   

スケジュール:

★逐次通訳付
 13:00 開場・受付開始
13:25  司会  高崎 博雄 (ADA 名古屋営業所長)

 開演挨拶  三宅 昌昭 (アプライドデザイン(株)代表取締役)
13:30-14:30  || 海外招待講演 ||

 「金属成形プロセス数値解析における粒子有限要素法(PFEM)の可能性」

   Dr. Carlos Cante
   (CIMNE(欧州数値解析研究所) PFEM研究プロジェクト 主席研究員)
コーヒーブレイク
14:55-15:40  || 海外事例講演 ||

「Stampack V6.2.5における欧州ユーザ事例と、V7.0.Xの主な開発項目」
 
   Albert Forgas 氏 (欧州Quantech社 Stampackプロダクトマネージャー)
15:40-16:40  || 国内招待基調講演 ||

 「板材成形シミュレーションのための高精度材料モデル
  −異方性降伏関数および移動硬化則(Yoshida-Uemori model)−」


   吉田 総仁 氏 
  ((株)CEM研究所代表 兼 広島大学 大学院工学研究科長・工学部長 教授・工学博士)