ユーザ会/イベント

HOME > ユーザ会/イベント > ユーザコンファレンス



第6回 ADAユーザコンファレンス(2005)

ヨーロッパQUANTECH社最高開発責任者 G.Duffett博士と、米ESRD社コンサルタント部門責任者P.E.R. Dennison氏を基調講演者として招待、また海外ユーザ特別講演者として米国ボーイング社情報システム部門構造解析ツール部長J. Sermersheim氏を招待し、第6回ADAユーザコンファレンスが開催されました。参加者の方々に出来るだけ平易に理解して頂けるように、英日同時通訳および講演の日本語資料を準備いたしました。

当コンファレンスは、国内外の著名な開発責任者を特別招待し、開発元と参加者及び参加者同士の技術交流が促進されますように、管理者、解析者、及び機械・金型設計者や生産技術者を対象として開催されました。機械設計開発におけるアダプティブp法FEMの最先端応用事例、生産のグローバル化に伴い急成長中の板成形等の塑性加工や衝突解析シミュレーションなどの最新動向、国内外ユーザ様の活用事例等をご紹介しました。 同時に、汎用P法非線形有限要素法解析システム新StressCheck7.0と次期開発構想、国内初の日本語ユーザインターフェースになった塑性加工シミュレーション製品Stampack5.6と次期開発構想、および新OneStep解析モジュール、鋳造シミュレーションVulcan、衝突解析モジュールS-Impact、等の新製品発表も行なわれました。またコンファレンス終了後には、「海外招待講演者を囲む技術交流会(立食パーティー形式)」が行われました。

海外特別招待講演者

Jeff Sermersheim 氏
米ボーイング社 技術情報部門 上級専門技師

略歴:米Purdue University(パデュー大学)で航空宇宙工学を専攻され、the University of Missouri で機械工学修士取得後、米国ボーイング社で疲労破壊力学解析者として活躍される。現在、構造解析ツールの機能評価、コンサルティング及び社内アプリケーションとのシステム統合化の開発リーダーとして、StressCheck COMインターフェースの利用,先端複合材料解析や破壊力学アプリケーション等の開発に従事。

P.E. Randy Dennison
StressCheck開発元:米ESRD社 StressCheckコンサルティング部長

略歴:米Purdue University(パデュー大学)で航空宇宙工学を専攻され、the University of Missouri で機械工学修士取得後、米国ボーイング社で疲労破壊力学解析者として活躍される。現在、構造解析ツールの機能評価、コンサルティング及び社内アプリケーションとのシステム統合化の開発リーダーとして、StressCheck COMインターフェースの利用,先端複合材料解析や破壊力学アプリケーション等の開発に従事。

G. Duffett 博士
Stampack開発元 Quantech社 最高開発責任者

略歴:西ヨーロッパ最大の数値解析研究機関、 C.I.M.N.E.(The International Center of Numerical Methods in Engineering、バルセロナ市)の著名なO.C.Zienkiewicz博士と共に、金属塑性加工解析や衝撃解析、また鋳造解析分野の研究開発を行った。1996年、C.I.M.N.E.と共同で商用化エンジニアリングシミュレーションを開発するQuantech社をバルセロナ市に設立、現在Stampackの最高開発責任者。

ユーザ様からの事例講演者:

田辺 誠氏
工学博士、技術士(情報工学部門)
 神奈川工科大学 システムデザイン工学科教授

概要

日 時 2005年1月27日(木曜日)  10:00-17:00
技術交流懇親会 17:45-19:45
会 場 飯田橋 レインボービル 大会議室 (東京飯田橋)
住所: 東京都新宿区市谷船河原町11番地
TEL: 03-3260-4791
定 員 150名 (先着受け付け)
費 用
無料 (要・事前登録)   (技術交流懇親会参加費込み) 
参加資格 アプライドデザイン(株)のユーザ様または
CAE解析シミュレ−ションに興味をお持ちの方。
主 催
ADAユーザ会 
協 賛  

スケジュール:

9:50 開場
10:15 開演
司会:小方 康弘
((株)小松製作所 CAD/CAM グループリーダー)
開演挨拶:三宅 昌昭
(アプライドデザイン(株)代表取締役)
10:20-11:20 特別招待講演
Dr. Gino Duffett (西Quantech社 最高開発責任者)
「板成形、衝撃、鋳造の先端シミュレーションのための
新しいソフトウェア機能」
★同時通訳付き
11:20-12:00 ADAプレゼンテーション(1)
稲葉 聡
(ADA設計解析コンサルティング部長) 
●先進の板成形シミュレーションソフトウェアStampackv5.6に備わった新機能の紹介(日本語U/I、Stampack-OneStep、ストレッチ成形、ハイドロフォーミングなど)
●次期リリースv6.0開発プランの紹介
●新しいシミュレーションソフトウェアVulcanおよびS-Impactの紹介
12:00-13:00 昼食 (代理店様製品紹介)

13:00-13:25

Stampack事例講演(2)
岡田豪生
(川崎重工業(株)航空宇宙カンパニー 生産本部 生産技術部 生産技術Gr.)
「航空宇宙業界生産部門における、Stampackを使用した
板成形シミュレーション」 (仮)

13:25-13:50 Vulcan事例講演(3)
工学博士 朱日明(ADA研究開発部長)
「先進の鋳造ソリューション---鋳造プロセスにおける、完全連成の鋳型充填、凝固、および応力計算」
13:50-14:50 特別招待講演
P.E. Randy Dennison (米ESRD StressCheckコンサルティング部門責任者)
「先端P法FEMの応用技術:非線形接触とWEBハンドブック」
★同時通訳付き
14:50-15:10 ADAプレゼンテーション(4)
稲葉 聡(ADA設計解析コンサルティング部長)
−StressCheck 7.0の新機能の紹介(日本語U/I)、
  非線形接触解析、新しいPAM v2.0他)
−次期リリース7.1 と8.0の開発プラン紹介
  (大変形接触解析他)
15:10-15:35 コーヒーブレイク ( 代理店様製品紹介 )
15:35-16:30 特別招待StressCheckユーザプレゼンテーション(5)
Mr. Jeff Sermersheim
(米ボーイング社、技術情報部門 上級専門技師)
「StressCheckと企業内アプリケーションとのCOM統合化、およびボーイング社における複合材料解析事例」
★同時通訳付き
16:30-17:00 国内招待講演3:
工学博士、技術士 田辺誠
(神奈川工科大学システムデザイン工学科教授)
「CAE技術者の育成と今後の課題」
******移動******
17:45-19:45 講演者、発表者、参加者を交えての技術交流懇親会

当日の様子