ユーザ会/イベント

HOME > ユーザ会/イベント > ユーザコンファレンス



第5回 ADAユーザコンファレンス(2004)

 テーマ:生産技術と機械設計開発における塑性加工とp法シミュレーションの最先端技術動向

Stampack開発元 ヨーロッパQUANTECH社最高開発責任者 G. Duffett博士と、米ESRD社副社長兼 StressCheck最高開発責任者 Kent Myers氏を特別基調講演者として招待し、第5回ADAユーザコンファレンスが開催されました。
それぞれ下記の題目、

G. Duffett博士:
「航空宇宙・自動車業界における生産技術の先進手法」

Kent Myers氏:
「P法FEA における先進動向: StressCheck 6.3 とこれから」
副題: アドバンスな直交異方性材料特徴と機械的接触解析の概論

について講演を行いました。また国内招待として、神奈川工科大学教授・田辺誠氏(工博、技術士)に、CAEの普及と教育の関係を実践な事例を踏まえ講演いただきました。

参加者の方々に出来るだけ平易に理解して頂けるように、英日同時通訳および講演の日本語資料を準備いたしました。

当コンファレンスは、国内外の著名な開発責任者を特別招待し、開発元と参加者及び参加者同士の技術交流が促進されますように、管理者、解析者、及び機械・ 金型設計者や生産技術者を対象として開催したものです。機械設計開発におけるp法FEMの最先端応用事例、生産のグローバル化に伴い急成長中の板成形等の 塑性加工や衝突解析シミュレーションなどの最新動向、ユーザ様の活用事例等をご紹介しました。 同時に、日本語ユーザインターフェースで一層易しくなった汎用P法非線形有限要素法解析システム新 StressCheck6.3と次期開発構想、国内初の日本語ユーザインターフェースの塑性加工シミュレーショ ン新製品Stampack5.5.4と次期開発構想、および新製品衝突解析モジュールS-Impact、鋳造シミュレーション Vulcan等の発表も行われました。

海外特別招待講演者

kent KentMyers 氏
米ESRD社副社長兼 StressCheck最高開発責任者

P法FEMの発明者として、またアダプティブ法、P法、HP法有限要素法研究のトップリーダーとして国際的に知られる米Washington大学 Barna Szabo博士と数学的証明者米Texas大 I.Babuska博士のもとで、1980年前半より今日まで一貫して、最先端のP法FEM解析システムの研究・開発を行って来た。StressCheck研究開発部門の最高開発責任者。CAEのユーザインタフェース、P-FEM Geometric Modeling、WebアプリケーションやCADとのインテグレーション、グラフィックス処理分野が専門。

gino G.Duffett 博士
Stampack開発元Quantech社  最高開発責任者

西ローロッパ最大の数値解析研究機関、 C.I.M.N.E.(The International Center of Numerical Methods inEngineering、バルセロナ市)の著名なO.C.Zienkiewicz博士と共に、金属塑性加工解析や衝撃解析、また鋳造解析分野の研究開発を行った。1996年、C.I.M.N.E.と共同で商用化エンジニアリングシミュレーションを開発するQuantech社をバルセロナ市に設立、現在Stampackの最高開発責任者。

概要:

開催日時 2004年2月5日(木曜日)
会 場 家の光会館コンベンションホール (東京飯田橋)
住所: 東京都新宿区市谷船河原町11番地
TEL: 03-3260-4791
定 員 100名 (先着受け付け)
費 用
(技術交流懇親会
参加費込み)
無料(要・事前登録)    
参加資格 アプライドデザイン(株)のユーザ様または
CAE解析シミュレ−ションに興味をお持ちの方。
主 催 ADAユーザ会、アプライドデザイン(株)
協 賛 ESRD社(U.S.A.)、Quantech社(Spain)
(株)構造計画研究所、 日本ヒュレットパッカード(株)

スケジュール:

10:00 開場
10:30 開演
司会: 渡辺 新一
  (シチズン時計(株) 情報システム部 システム企画課)
開演挨拶: 三宅 昌昭
  (アプライドデザイン株式会社 代表取締役)
10:35-11:35 基調講演 1
Gino Duffett
博士 (西Quantech社 最高開発責任者)
「航空宇宙・自動車業界における生産技術の先進手法」 
★同時通訳付き
11:35-12:05 ADAプレゼンテーション
稲葉 聡 
(ADA 設計解析コンサルティング部長 )
● 板成形シミュレーションソフトウェアStampack v5.5.4の新機能
  ( 日本語 UI , ストレッチ成形、ハイドロフォーミング..etc)
● 次期バージョンの開発プラン
● 新製品紹介
 ・ 汎用衝突落下解析シミュレーション S-Impact
12:05-13:05 昼休み(代理店様製品紹介)
13:05-13:25

Stampackユーザによる事例講演
大國 哲 (大成金型有限会社 設計室)
「金型製作における成形シミュレーションの活用」

13:25-14:25 基調講演 2
Kent Myers
 (米ESRD社副社長兼最高開発責任者)
「P法FEA における先進動向:StressCheck v6.3 とこれから」
副題:アドバンスな直交異方性材料の特徴と機械的接触解析の概論
★同時通訳付き
14:25-14:45 ADAプレゼンテーション
稲葉 聡 (ADA 設計解析コンサルティング部長 )
● StressCheck 6.3のご紹介と新機能のデモンストレーション
   (日本語 UI,新しいPAM V2.0 etc.)
● 次期v6.3.1の開発プランのご紹介 (3D接触解析 etc.)
14:45-15:15 コーヒーブレイク ( 代理店様製品紹介 )
15:15-15:35 StressCheckユーザによる事例講演
佐々木 隆
(日陽エンジニアリング(株) プラント技術部 技師長 )
「P法有限要素法による解析事例」
15:35-16:20 招待講演
田辺 誠

(神奈川工科大学機械システム工学科教授、工博、技術士)
「鉄道工学の計算力学」
16:20-17:00

開発者(G.Duffet博士及びKentMyers氏)と参加者の
テクニカルディスカッションタイム
★同時通訳付き

******移動******
17:40-20:00 技術交流懇親会

当日の様子

上左   上中   上右
上左   上中   上右
上左   上中   上右
上左   上中   上右
上左   上中   上右
上左   上中   上右