ユーザ会/イベント

HOME > ユーザ会/イベント > ユーザコンファレンス


第2回 ADAユーザコンファレンス(1999)

  P法有限要素法解析の世界最高権威(生みの親)、米Washington大学教授B.Szabo博士を基調講演者に招き、1999年12月16日(木曜日)、東京・飯田橋にて”Pソリューションの将来と、インターネット・シミュレーション”をテーマに、”ADAユーザ・コンファレンス2000”が開催されました。

主 催: ADAユーザ会、アプライドデザイン(株)
協 賛: コンパックコンピュータ(株)、(株)構造計画研究所、
     (株)日商岩井ハイテック、(有)構造計算テクノロジー

概要

日 時 1999年12月16日(木)

時 間 10:00〜17:00

場 所 飯田橋レインボービル大会議室

参加費 無料

参加資格 アプライドデザイン(株)のユーザ様、検討中のお客様、
シミュレーション利用に興味をお持ちのお客様。


★特 典 事前希望申込者に限り、下記のa)〜c)を当日来場時にご提供いた しました。


a)

StressChcekV5.0出荷直前評価版ライセンスとCD (無償)
・1ヶ月間評価ライセンス・技術サポート付き
・ファイル添付:日本語インストールガイド・機能概説書・体験トレーニングガイド


b)

mTAB/FEMAP V7最新評価版CD(無償)
・使用期間制限無し
・1ヶ月間技術サポート付き
・300節点以下の解析・モデリング機能
・ファイル添付:日本語インストールガイド・機能概説書・体験トレーニングガイド


c)

StressCheck V4.1. LTライセンス (Windows版)CDの期間限定販売(有償)
・永久ライセンス
・1ヶ月間技術サポート付き
(バージョンアップは、優遇価格での新規購入となります)
・ロックライセンス(購入後、正式ライセンス申請が必要です)
・5000自由度以下解析機能(プリポスト、ハンドブックDB解析を含む)
・ファイル添付:日本語インストールガイド・機能概説書・体験トレーニングガイド・ユーザガイド
 
■基調講演
「P法有限要素法の誕生、現在、将来動向とインターネット利用のWebベース・シミュレーショ ン」(随時通訳付き)
米Washington大学教授兼ESRD社C.E.O.、Barna.A.Szabo 博士

■特別講演
「超電導浮上車両のガイドウエイ上の高速走行シミュレーション」
神奈川工科大学教授 工博・技術士  田辺 誠 様

■StressCheckユーザー活用事例
「工業高校の生産システム実習におけるシミュレーションの役割と今後の展望」
東京都総合技術教育センター  専門教育主事  根澤 松雄 様

■StressCheckユーザー活用事例
「木材の圧縮実験とStressCheck木材細胞の非線形解析への応用」
京都大学 木質科学研究所助教授   博士 師岡 淳郎 様 他

■StressCheck V5.0新機能概要及び次期V6開発計画の発表。最新版紹介デモ。 SolidWorks(ParaSolid)対応完全自動P メッシング PAM デモ紹介。

■インターネット利用による、次期新機能”Webベース・シミュレーション”の紹介デモ。

■協賛会社による最新ハードウェア、エンジニアリングソフトの紹介

などが行われました。


当日の様子