HOME > 受託計算・コンサルティング >CAEコンサルティング
1.CAEコンサルティングサービス開始の背景

リエンジニアリング、コンピュータ革命とまでいわれる程EWSやPCが普及し、 CAEも日常的な”道具”になることを目的に普及しつつあります。しかしながら、”導入はしたが、 思うように使えない、CADは何とか立ち上がったが、CAEはいつまでも立ち上がってくれない” という声が、しばしばユーザーから聞こえてきます。なぜでしょう?

それは多くの場合、 導入時に必要となる技術が不足したままであったり、解析のテーマが漠然としていたり、 CAEソフトの棲み分けができていなかったりしたまま、使いこなそうとしている点が問題となっているようです。このようなことにならないように、CAEシステムに関する基本的な 技術知識や個々の業界の設計アプリケーションに応じた実践的なノウハウを、短期間でしかも机上の空論を避けるために、それぞれのお客様が設計対象としている製品モデルを実践的に 解析指導しながら理解をしてもらい、以下のようなCAEへの”壁”を一緒に取り払うのが、ADAのCAEコンサルティングサービスの特徴です。

 1. 従来からいわれてきた在来H法での“CAE導入時の壁”

 修得に時間がかかる。

 工学的基礎知識の不足。

 実モデルへの応用技術不足。

 導入効果がうまく評価できない。


 2. アダプティブP法CAE登場後の設計者の“壁”

アダプティブP法の登場により、CAEの解析シミュレーションは、革命的に使いやすくなりました。 しかしながら、このような手法により多くの解析の経験の無い設計者が、CAEに携わるように なってきております。(従来は、解析者がよりシンプルで数学的な数値モデルを地道に実施してきた。 )アダプティブP法は、上記 1.のAは解決してくれましたが、B.C.Dは本質的には 解決してくれていません。そこでCAE解析の経験の無い設計者が利用する場合、 また新たに次のような”壁”が出てきがちです。

 解析の対象もより実践的で複雑・豊富になっている。

 (従来の解析者が行なって来た)精密な物理現象の定性的な追及よりも、設計のデータとして即効的で
 定量的な結論を得られる解析を行いたいが、設計者はCAEのノウハウを獲得する機会と、そのための
 時間が無い。

 導入後すぐに実践的に使いたい。

 CAD/CAMシステムとの一貫した流れで利用したい。

 CAEシステム導入時の壁にぶち当たった。(上記 1.のB.C.D.)
 オペレーションのトレーニングは受けたが、実際の設計モデルへの適用方法がわからない。

 FEMの理論や数値解析、コンピュータの基礎知識を得る機会と時間が無い。


2.特 徴

以上の背景を考慮の上構築した、ADAのCAEコンサルティングサービスは、下記のような特徴があります。
お客様のそれぞれの実践的なCAEシステム導入立ち上げの成功に向けて、CAEのテクニカルな支援を短期集中的に行なうために...


 
ADAオリジナルテキストによる「設計者のための易しいCAE入門講座」セミナーで、CAE・FEM・工学的基礎・解析モデル化ノウハウの基礎教育の実施

オンサイトでお客様の実モデルを用いた実践的解析指導によるCAE技術修得

オンサイト終了後のTEL/FAXでのQAフォローによる指導


 
設計と解析の経験豊富なCAEコンサルタント(別表「設計解析の業務実績参照)を組み合わせたユニークな、3種の”実践CAE立ち上げテクニカルサービス”のコースを設けました。

















  CAEコンサルティングサービス実施フロー

 (1) 問題の認識とニーズの分析
インタビューの実施(導入時の目標、適用業務、エンジニアの目標、背景等)
問題点の抽出
ニーズの分析まとめ
顧客ニーズ診断カルテのまとめ
 (2) エンジニアリングソリューションの検討
 CAE要素技術のチェック
 実解析モデルの選定
 (実践コンサルティングで解析しながら、CAE技術のノウハウや必要な基礎知識を取得する)
 スケジュールの検討
 全体計画書の作成/報告
 (3) エンジニアリング ソリューションの実施
オンサイトコンサルティングの実施(ユーザ訪問し、セミナー教育指導や実解析指導)
懸案事項の調査
期間中のTEL/FAXによるフォロー
終了報告
 (4) パートナーシップの継続
スポットコンサルティングサービス

3.コースの種類

コース名
内      容
価 格
CAE
FAST
START
コンサルティング
上記(1)から(3)の実施。
実践的解析モデルの個数:1個
オンサイトコンサルテイング訪問回数:3日
(原則第1日目は、易しいCAE入門講座。10日に1回。)
期間:1ヶ月 ・1ヶ月間のTEL/FAXによるフォロー
お問い合わせ
下さい
CAE
ADVANCE
コンサルティング
上記(1)から(3)の実施。
実践的解析モデルの個数:3個
オンサイトコンサルテイング訪問回数:6日
 (原則第1日目は、易しいCAE入門講座。10日に1回。)
期間:2ヶ月 ・2ヶ月間のTEL/FAXによるフォロー
お問い合わせ
下さい
SPOT
コンサルティング
スポットによる、上記Bエンジニアリングソリューションを1日の単位で実施。
お問い合わせ
下さい

註)往復の旅費・交通・宿泊費は、弊社の社内規定に準じて別途になります。

4.対象アプリケーションソフトウェア

1. 主対象
 StressCheck (ESRD社)
 Stampack (Quantech社)
 S-Impact (Quantech社)
 Vulcan (Quantech社)
 ABAQUS (HKS社)
 MECHANICA (RASNA社/PTC社)
 PH-D(ADA)
 PAM(ADA-ESRD社)

2. 参照対象
 I-DEAS (SDRC社)
 PATRAN (MSC社)
 NASTRAN (MSC社等)
 Cosmos (EMRC社)
 その他